テーマ:時事

研究者と学術会議

西田亮介・東京工業大准教授(37)の発言の抜粋です。「過去20年、改革(研究費を毎年1パーセント減らす、准教授以下の任期が5年等)が多数行われてきました。国立大学は今後まともな状態で存続できるのか、文系学部は存続するのかということの方が重要な問題です。」 京大ips研究所の山中伸弥教授も言っていた研究費の不足、研究者の身分の不安定さ等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本学術会議

アベノマスク260億円 日本学術会議10億円/年 どちらが大切か!!! もともと日本学術会議は、政権の暴走が日中戦争、太平洋戦争に突き進んだことの反省として、政策に反するような意見であっても政権は様々な知見に耳を傾けるべしという趣旨で設立されたのです。したがって時の政権が人事や組織の改編に手を出してはならないのです。 学術会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニンジン作戦

goto トラベルgoto イート人参をぶら下げて国民を操れば経済は戻るのか?そうではない。コロナに対して安心できる状態を作れば経済は戻るだろう。 ライフスタイルランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱出用ハンマー

脱出用ハンマーとはおかしなものだ。 運転席側の窓を手動にすればいいのだ。 田舎暮らしランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちぐはぐなコロナ対策

国はgo to トラベル、分科会は各人が気を付けて。 一方、地方は感染拡大の防止に追われている。 なぜこうなったか。 尾身会長のpcr検査に対する不信と成功した外国に学ぼうとする姿勢が無いことが大きな原因と言える。そのために感染者を早期に発見隔離することやボトルネックの保健所に対する援助などの施策が行われなかった。 困った国民は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオニコチノイド 終焉

JA宇都宮 令和2年度ラジコンヘリ農薬散布 予定7月30日から8月21日 今年度はネオニコチノイドではない農薬になりました。 環境省の方針が変わったこともあり、次年度以降もネオニコチノイドは使われないでしょう。 JA宇都宮 令和2年度ラジコンヘリ農薬散布 農業・畜産ランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ対策

ニューヨークでは希望すればだれでも無料で何回でもpcr検査を受けられるという。 日本もこれをまねてpcr検査を無料とし、無症状の感染者を隔離すべきだ。施設へ入る人の体温を計ることでは感染拡大を防げない。 生活・文化ランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染者が増えている

コロナ感染者が増えているのに経済活動を続け、増大させればますます感染者が増える。そのしわ寄せは病院へ集中する。 水害多発の中ではあるが病院への財政援助を望む。 生活・文化ランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノマスク

加計学園からアベノマスク、持続化給付金等々、政権に近い者に利益を与えようとする施策が目立つ。 田舎暮らしランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種苗法改正の問題

以下は元農林水産大臣で弁護士の山田正彦氏の説明によります。 種苗法改正の必要性はTPPに起因するということです。TPPは国際的に同一制度の経済圏をつくろうとするものです。経済圏が大きくなると大企業に有利になります。 日本国内で開発された種苗品種を守ろうとすれば海外から登録申請された種苗品種に対しても同様な保護を与えなければなりません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#検察庁法改正に抗議します

選挙で選ぶのは人であるが、当選後にどのような政策をとっても良いと白紙委任したわけではない。総理大臣をも逮捕できる検察に政権が手を突っ込むことは断じて許してはならない。 田舎暮らしランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ収束に向けて

無症状の感染者が感染を広げるというのに相変わらず症状のある人だけを検査しようとしている。 無症状の感染者をさがして隔離しなければ収束しないと思う。 田舎暮らしランキング 農業・畜産ランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ 手遅れ

もはや手遅れ 無症状の保菌者が感染を広げると分かっていたのにこれらの人を探しもしなければ隔離もしなかった。おまけに軽症者の検査を断るということまで起きている。 今後は重症になってから救急車で運ばれる患者が増えるだろう。 農業・畜産ランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ肺炎

軽症者の検査をしない、重症者であっても武漢や感染者に接触していない人を検査しないことにした日本は多くの感染者を見逃しているだろう。 後に、日本は感染者数を少なく見せかけようとしたと、クルーズ船対応に続いて国際的な非難をあびるだろう。 農業・畜産ランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオニコチノイド殺虫剤が未だ

今年も、ラジコンヘリによる農薬散布が行われています。 JA宇都宮の地区別の散布日時、薬剤の種類は次のページに公表されています。https://www.jau.or.jp/…/w…/uploads/2019/07/20197rasuiden.pdf これらの農薬のうち、スタークルがネオニコチノイド殺虫剤です。 ビームエイト、トレボン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオニコチノイド 散布

7月30日、JA宇都宮の河内地区でラジコンヘリによる水稲の農薬散布が行われました。 使われた農薬はビームエイトスタークルゾルです。これはいもち病に防除効果の高いビームと、カメムシ類、ウンカ類・ツマグロヨコバイに高い防除効果を有するスタークルの混合剤です。 問題はスタークルです。これがネオニコチノイド系殺虫剤です。 ネオニコチノイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スケープゴート

もしも韓国と北朝鮮が仲良くなったら、 現在でも韓国は日本を悪者にしなければ国民をまとめられない。 一方、北朝鮮はアメリカを敵視することで政権を維持してきた。 両方に共通することは国の外に悪者を作る(スケープゴート)ことによって国内をまとめるというやり方です。 ここで、もしもアメリカが北の敵ではなくなり、南北朝鮮が和解したとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権 メルトダウン

隠ぺい、忖度、記憶にない、これらは民主主義の土台である、事実を広く国民が共有することに逆行するものです。 民主主義という価値よりも自己の目先の利益を追う人たちが日本の政治を左右しているのです。 内部調査を信用しろというのは無理です。調査する側とされる側が利益を共有しているからです。 「長期政権は腐敗する」これは昔から言われてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ももクロ 有安杏果 卒業

ももいろクローバーZの緑、小さな巨人こと有安杏果が所属グループ「ももいろクローバーZ」を脱退すると発表しました。近年、ももクロの人気に陰りが見えるとはいえAKBグループと比較されるほどのアイドルグループであり、無名の少女がその地位を得る可能性はほぼゼロと言える高い位置にいたのにです。 その経緯についてはオフィシャルのブログに公開されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫だまし 総選挙2017

森友、加計疑惑はどこへいったのか。 今回、この時期に安倍総理が突然衆院を解散したのはなぜか。都議選で都民ファーストに自民党が大敗したからである。都民ファーストが全国組織を固める前に出鼻を挫こうとしたのだろう。 ここで安倍総理にとって思わぬ幸運が訪れた。小池代表の「排除」発言である。小池氏の権力欲がむき出しとなって国民に嫌われると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半分は女性なのに

今回のアメリカ大統領選挙はトランプ候補当選という意外な結果となりました。史上初の女性大統領誕生かと言われたヒラリー候補でしたがかなりの差で落選しました。有権者の半分は女性なのだから女性蔑視をするトランプよりもヒラリーに親近感を覚えて投票するだろう、と思っていましたが私にとっても意外な結果でした。女性が同性に対して抱く感情は憧憬や嫌悪、好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユートピアを求めて

カルロス サンタナの"Europe"です。ラテンロックといわれています。ジャズではありません。 いつの時代も人はより良い世の中、より良い世界を望み、夢見てきた。中世以前については割愛して、以降の移り変わりについて所感を記述しよう。 ヨーロッパにおける産業革命が労働者の生活の悪化と貧富の格差をもたらし、市場経済を「神の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡良瀬遊水地は

よし焼きのとき、熱気球大会のとき、そして野鳥について、「良瀬遊水地は自然である。この自然を保護すべきだ。」と言われる。だが、 渡良瀬遊水地は自然ではない。人工的な構造物である。 この遊水地が保護すべき自然だと言われるたびに、私は悲しい。 足尾鉱毒を減ずるために、谷中村村民を追い出して造られた構造物である。 それがなぜ自然なのか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケネディ大使の陰で

キャロライン・ケネディ大使が着任しました。日本では大人気、大歓迎ということで、まずはめでたしです。 しかしその裏で、スノーデン容疑者(米国政府にとっての犯罪者)が暴露したように、大々的な情報収集が行われているのです。もちろん米国が軍事・経済において有利になるためです。これに加担していた企業は、グーグル、ヤフー、フェイスブック、アッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密保護法案

政権の不正、違法行為を永久に隠しとおせる法律です。 近いところでは尖閣諸島中国漁船衝突事件においてその映像を流出させた海上保安官・一色正春氏は、国家公務員法守秘義務違反、不正アクセス禁止法違反、窃盗、横領の疑いで警視庁と東京地方検察庁に、告発されたのです。 一色氏による映像流出がなければ日本国民は中国漁船の違法、横暴と海上保安官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフレは止まらない(4/4)

失われた20年とはプラザ合意直後に危惧された円高不況そのものです。  現在、日本の金融緩和は円安誘導のためではないかとヨーロッパから疑われており、当面、1ドル/100円を超える円安にはならないでしょう。この相場では安価な外国製品の輸入は止まらず、一部の輸出企業が潤うのみで、輸入品の値上げが一巡すれば再び賃金切り下げとデフレが始まるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフレは止まらない(3/4)

中国の元レートは管理相場であり、「自由な市場で相場を決めるべきだ」という要求を頑として聞き入れず、ゆるやかな元の上昇を続けています。また中国国内の人件費も上昇を続けているため、中国に進出した企業は生産拠点を徐々に東南アジアに移しています。それでも中国での生産コストはまだまだ日本よりもやすいのですが。 つまり人件費の安い(=通貨が安い)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフレは止まらない(2/4)

1985年のプラザ合意以後の円高ににより、安い外国製品(主に中国)が大量に輸入されるようになりました。これがデフレの最大の原因でしょう。 国内の製造業はボディーブロー受けたように弱り、多くの企業が人件費の安い外国へ(主に中国)生産拠点を設け、国内製造業の空洞化が始まりました。空洞化は国内生産の縮小とリストラという形で現れました。 リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフレは止まらない(1/4)

アベノミクスでデフレ脱却なるか。1~2年デフレは止まるでしょうが、そのあとはデフレではなくても不景気になるでしょう。今日、長きにわたるデフレと不景気の根本的な原因がどこにあるのかを見極める必要があります。 ことの発端は1985年のプラザ合意にあります。そのころ1ドル260円だった為替レートは1987年12月、わずか2年と8ヶ月で1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more